とうもろこし。

こんにちは、あじかんアグリファームの荻野です。

雨の降る日が多くなってきました。

少しずつ夏が近づいてきている気がします。 😀

 

雨が降ると露地での農作業は出来ることが限られてきますが、

ハウスがあれば悪天候はあまり関係がなくなります。

 

今回はハウスでのとうもろこしの栽培の紹介です。 😮

P1030222

トラクターにてハウス内を撹拌します。

P1030221

マルチにも透明なものから様々ありますが、今回は黒マルチを張ります。

黒マルチの特性として雑草の抑制のほか、

春先など地温が低い時期などは太陽光を吸収し地温を逃さず安定させます。

P1030226

無事発芽しました。上の写真は4月の中頃です。

現在の生長は・・・

P1030227

だいぶ大きくなりました。 😛

 

最近のとうもろこしは甘い品種が数多く出回っています。

そのため虫も寄ってきやすく、露地栽培だと農薬の使用量がとても多くなっています。

ハウスで栽培すると防虫が出来るため、農薬の使用も抑えることができます。

 

今年もいろいろな野菜を紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。