空堀。

こんにちは、あじかんアグリファームの荻野です。

ゆうべの北風で桜はだいぶ散ってしまいました。 😐

これから葉桜へと変わり、緑の多くなる季節になってきました。

春の種まきのシーズン到来です。

 

収穫作業は続いていますが来期のごぼうの圃場も並行して準備をしています。

ごぼうの生育に適した畑はアルカリ性土壌のため、

石灰等の土壌改良剤を散布し、調整します。

その後、種をまく場所を深く掘る「空堀り」を行ないます。

P1030202

トレンチャーという作業機で地中深く掘り進めます。

P1030201

測ってみたところ135cmの深さまでありました。 😯

ごぼうは土が柔らかければどこまでも伸びる植物です。

大きく長いごぼうを栽培するため深く掘ります。

作業機の走行速度はとても遅く、時速200m前後で作業をしています。 😛

速度が遅いため、まっすぐに直線で掘るには非常に集中力のいる作業です。

空堀をまっすぐに掘れないと後々の作業に影響が出ます。

P1030203

 

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。