年の瀬。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

 

今年の2月より山崎農園のブログを始め、

毎週更新で情報を発信させていただきました。 😮

 

まもなく2013年も終わろうとしています。

応援していただいた皆々様、

本当にありがとうございました。

 

来年も応援のほど、よろしくお願いいたします。

皆様、良いお年を。 😛

 

 

冬野菜、大根。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

2013年も残りを数えるほどになりました。

関東では初雪の予報もありましたが、雪が降らずほっとしています。 😮

雪が積もる畑に入ることが出来なくなり、ごぼうの収穫も出来ません。

今年1月の成人の日に降った雪で1週間も作業が出来ませんでした。

そんな冬の収穫ですが、寒さと日々戦いながら頑張っています。

 

今回はそんな冬野菜の1つ、大根の紹介です。

大根は冬の食卓に良く並ぶもので、主に青首大根がスーパーの店頭に並んでいます。

大根は他にもいろいろ品種があります。

P1030045

京野菜のひとつとしてしられる聖護院大根と同じような丸大根ですが、紅芯大根といいます。

名前のとおり中を割ってみると紅いです。 😯

P1030046

中国で主に食べられている品種で、水分が多く甘みが強い品種です。

 

続いて青長大根です。

P1030047

青首大根と似ていますが、大きくても20cmくらいまでしか伸びない小型大根です。

青首に比べて青い部分が多いですが切ってみると・・・

P1030048

中まで青いです。 😯

大根には、ビタミンCと消化酵素のアミラーゼ(ジアスターゼ)が豊富ですが、

アミラーゼは加熱すると失われるので、生で食べるといいそうです。

青長大根をおろすと青い大根おろしになります。

 

 

今後もいろいろと紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

人参収穫。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

一日一日と寒さが厳しくなってきています。

今回は人参の収穫です。

人参はごぼうと違いあまり深くまで伸びないため、

手で掘ることができます。

ただ1本1本引き抜くのも大変なためトラクターを使います。

P1030026

土を持ち上げ隆起させる作業機です。

走行しながら作業機を土中に入れると、

土が持ち上がるので人参など短い根菜類には便利です。

P1030028

掘り上がった人参です。

P1030019

だいぶ大きく育っています。 😮

P1030027

人参の葉を刈りながら集めていきます。

P1030031

関東では秋に何度もやってきた台風の影響で、

人参の価格がやや高止まりしています。

野菜は天候によって価格が変動します。

今後もよりよい商品を作れるよう頑張っていきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

長いも収穫。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

 

霜が降りる日が増えてきました。 😐

午前中の早い時間では畑がぬかるんでしまい、

トラクターがまっすぐ進むのが困難になります。

また日照時間も短くなり、日が落ちるのも早くなりました。

畑で収穫できる時間も徐々に限られてきていますが、

効率よく収穫をおこなっています。

 

つくばでも長いもの葉が枯れてきました。

長いもは葉が枯れてから収穫するとアクも少なくまた変色もしづらくなります。

P1020948

 

山﨑さんの長いもはごぼうと同じトレンチャーで空堀を行い、苗伏せをしています。

P1000912

 

また土壌が水はけの良い赤土のため、長いもは地中深くまで伸びます。

そのため収穫には機械を使うことが出来ないため、

畝間を掘って横から長いもを引き抜きます。

P1020946

ユンボ(建設現場でも使われるショベル機)で穴を掘りました。

深さ150cmほど掘ります。

P1020947

収穫した長いもです。

 

長いもの保存は、光と乾燥を避ける事がポイントです。

家庭では新聞紙に包んで、出来るだけ冷 たい所に置いておきます。

切った場合は切り口から水分が失われ変色しやすいので、ぴったりとラップ等で覆い、

冷蔵庫に入れておけば、かなり長時間でも大丈夫です。

また冷凍保存も可能です。

 

今後もいろいろと紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。