ごぼうの収穫。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われますが、

ここ何日かで朝晩冷え込むようになってきています。

体調を崩されないよう皆様お気をつけください。

 

春蒔きごぼうの収穫が始まりました。 😛

P1020811

トラクターの後ろで掘り上がったごぼうの規格外品を選別しています。

P1020812

トラクターで掘り上げ、一まとめになったごぼうの束です。

葉と根の間の生長点の部分をカットして集めていきます。

P1020813

集めたごぼうをトラックに載せて、山積みになりました。 😮

これから来年の春までごぼうを収穫していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

あじかん展示会。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

先日の台風が過ぎ去り、一気に秋めいてきました。

 

さて、つくばというと皆さん思い浮かべるのは何でしょうか?

つくば市はJXAXや筑波大学等、学術系の施設や研究所が多く、

また、つくば万博や学園都市として有名なため、近代的な都市を思い浮かべる方が多いと思います。

つくば市の中心部は現在も開発を続けていますが、

郊外に少し車を走らせるだけで辺り一面田畑が広がります。

P1020795

9月に入り稲刈りのシーズンとなり、多くの田んぼで収穫作業を見かけます。

茨城県の県南地域は筑波山しか山がなく平野が広がっています。

農産物の出荷額も北海道に続き全国2位で首都東京の食を支えています。

山﨑さんのごぼうもそろそろ春蒔きごぼうの収穫を始める予定です。

収穫の写真もまた紹介していきます。

 

先日18日に東京のTOC有明ビルにてあじかんの展示会がありました。

あじかんは玉子焼の製造メーカーとして出発し、現在は寿司食材を中心に冷凍食品・チルド商材を

中食業態のお客様に提案・販売をおこなっています。

今回は取引先のお客様を招待しての展示会でした。

P1020791

市販品と通販品を陳列し紹介しています。

P1020796

山﨑さんの等身大ポスターです。 😮

今回は畑から葉の付いたごぼうを持って来て、ポスターに取り付けて3D化してみました。

なかなか実物を見る機会がないため、来場されたお客様は皆さん驚かれていました。 😯

試食でごぼうの煮物と唐揚げをお出ししましたが、

皆さん今まで食べたことがない柔らかさとの感想をいただきました。

お茶としてだけでなく、ごぼうそのものをご提供できるよう今後頑張ってまいります。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

生育具合。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

日中の暑さはまだまだ厳しいですが日が落ちるとだいぶ涼しくなってきました。

関東では冬野菜の作付けのシーズンとなっています。

ホームセンターでもいろいろな苗が販売されています。

初めて育てるなら種より苗から育てたほうが、簡単に栽培できます。

これから気温が下がり寒くなっていきますが、雑草があまりでなくなります。

初めて家庭菜園をやるなら今がオススメです。

今回は以前紹介したブロッコリーの生育状況です。

作付けした時期はあまり雨が降らなかったため、

被覆をしたりと暑さ対策をしていましたが、

作付け後、3週間ごろの写真です。

P1020749

作付け直後の水不足でやや生育が遅れましたが、

葉もだいぶ大きくなってきました。

P1020750

作付け後、1ヶ月の写真です。

雨が続いたのでどんどん生長しています。

P1020751

ブロッコリーは肥大した花蕾が食用部分です。

花蕾が形成される前に、いかに株を大きくするかでブロッコリーの大きさが決まります。

株を大きくするには追肥と土寄せが重要となります。

今後もいろいろと紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

ごぼうの花。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

全国的に不安定な天候が続いていますが、

つくばでは晴れの日のほうが多く、雨も適度に降っています。

P1020719

現在のごぼう畑です。

ごぼうの葉は根元の生長点から何枚も伸びていきますが、

お盆過ぎあたりから少しずつ外側の葉が枯れ始め、

葉の高さも50cmほどまでしか生長しなくなります。

これはごぼうの生育具合にもよりますが、

葉が大きく育つときは根もどんどんと伸び、

あまり葉が育たなくなってきたら、根が太り始めるそうです。

これから11月の霜が降りるまでごぼうは太くなっていきます。

まもなく春蒔きも収穫を始める予定です。

P1020720

ごぼうの花です。

同じキク科のアザミに似たとげのある花を咲かせます。

これはごぼうが抽台(ちゅうだい)化したもので花芽分化ともいいます。

葉がまだ小さい時期に一定期間以上の低温があると起こります。

秋蒔きの冬越しごぼうは蒔く時期が早すぎて厳冬だと抽台しやすくなります。

春蒔きのごぼうでもまれに抽台します。

抽台したごぼうはとてもかたく、煮込んでもまったく柔らかくなりません。

ごぼうは根を食べる野菜のため、抽台したごぼうに商品価値はありません。

収穫の際には、抽台したごぼうが混ざらないように気をつけています。

今後もいろいろと紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。