さつまいも。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

山﨑さんにごぼうを中心に農業指導していただいていますが、

今回はさつまいもについて紹介したいと思います。

 

茨城県はさつまいもの生産量が全国第2位の産地です。

また干しいもは全国一の生産量を誇ります。

今回はいくつかの品種の栽培に挑戦しています。

P1020064

さつまいもは種芋を土に伏せておくと芽が出ます。

ある程度芽が伸びたところで切り苗として使用します。

P1020065

切り苗は暗所にてしばらく保管すると節から発根します。(白いのが根です。)

この根からさつまいもが出来ます。 😮

瑞々しい苗よりもしんなりして萎れてきたほうが発根しやすく、

定植した際に根付きしやすいそうです。

切り苗は定植にある程度の水分が必要なので雨の前日がいいのですが、

今回は雨の中定植しました。

P1020061

事前に黒マルチを張っていました。マルチを張ると地温が高まり、初期の生育がよくなります。

雑草の抑制効果もあり、収量も増加します。

P1020062

等間隔に切り苗を挿していきます。その後、根付きを早めるため土を被せます。

P1020069

さつまいもの収穫は茎や葉が黄色くなり始める頃で、

だいたい10月上旬~11月中旬の霜が下りる前に収穫します。

 

関東地方も入梅となりましたが、

今後も栽培中の作物の生育具合を紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

トマト定植。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

先日、ごぼうの種付けを無事終えることができました。 😮

つくばでは天候に恵まれ順調に作業をすすめることができました。

P1020072

秋の収穫までしっかりと圃場管理していきたいと思います。

 

今回はトマトの定植について紹介します。

山崎さんはごぼう作り30年以上とあじかんで紹介していますが、

実は・・・トマトは40年以上栽培しています。 😯

 

山﨑農園ではトマトの栽培をハウスで行なっています。

トマトは水を抑制すると糖度が上がるのと、殺虫剤等の農薬を減らすことができるため、

露地栽培よりもハウスでの栽培が一般的になっています。

P1020037

トマトの苗です。大玉、中玉、ミニトマトの3種類を定植します。

P1020036

肥料を蒔き耕した後、マルチを張ります。

雑草の抑制効果と水の調整を容易にするためです。

P1020038

苗を一つ一つ定植しました。ハウス内での作業は暑さとの戦いです。 🙁

P1020039

今後もいろいろな野菜を紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

とうもろこしの栽培。

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

今期のごぼうの畑作りもほぼ終盤をむかえています。

最初に播種をおこなったごぼう畑です。

P1020035

順調に生長しています。 😛

 

今回はとうもろこしについて紹介します。

とうもろこしは、風で受粉し、実を結ぶタイプの植物です。

そのため密植している方が受粉しやすく、実の入りが良くなるため、ひと固まりにして植えます。

P1020003

肥料を蒔き耕した後、マルチを張ります。

マルチとは畑でよく見るビニールシートを言います。

光の吸収が良いので土が温まりやすく、保湿性があります。

また雑草の抑制効果と夏場の地温上昇の抑制効果のあるマルチもあります。

P1020005

親指の第一関節くらいまでの穴を開け種を落とします。

P1020006

上から土を被せます。

P1020007

1週間でほぼ全面に発芽しました。

約90日前後で収穫となります。

今後生長途中のとうもろこしも紹介していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

長芋苗伏せ

こんにちは。あじかんアグリファームの荻野です。

つくばでは天候に恵まれ、ごぼうの畑作りは順調にすすんでいます。

 

今回は山﨑農園で栽培されている別の野菜について紹介したいと思います。

山崎さんがごぼう以外で大きく取り扱いしているのが長芋になります。

長芋は日当たりがよくて、排水のよい畑が向きます。

地中深くに根が伸びるので、ごぼうと同じ空堀の作業機を使い、畑作りをします。

P1000976

空堀した畝に溝を作ります。

P1000974

長いもの種芋は折れやすいため、籾殻に包まれています。

P1000975

長芋は細くなっている部分の先端から芽が出ています。

この芽の部分から新たな長芋の根が生えます。

(種芋がそのまま大きくなるわけではないのですね。) 😯

P1000978

種芋は縦に植えるのではなく、寝かせるように置いていきます。

P1000979

最後に土をかぶせます。

ちなみに畝に溝を作る際、等間隔に空堀しているのでタイヤで踏んでたりします。

P1000980

ごぼう以外の野菜もどんどん紹介していきたいと思います。

これからも応援よろしくお願いいたします。