ごぼうの伝説(?)

こんにちは。

皆さんはごぼうの始まりを知っていますか?
今日はごぼうについて調べてみました。

キク科の二年草。
ユーラシア大陸原産。
ごぼうは中国から伝来したもので
日本では平安時代から薬草とされて来ました。

そんな1200年もの歴史をもつ「ごぼう」
今でもよく口にしている「ごぼう」

口にすると言えば、、、

「ごぼう抜き」という言葉はありますね。
皆さんもご存知の通り、意味は
・棒状の物を一気に抜く事。
・競走で次々と追い抜く事。
と言う意味で使われる事が多いと思います。

一気に抜く意味として使われる
「ごぼう抜き」の説には二通りの説があるようで・・・

一つ目はごぼうは他の野菜に比べ細くまっすぐ伸びている為、
長い割りに容易に抜く事が出来るからという説。

二つ目はごぼうは抜きにくく大変な作業である事から
抜きにくい物を一気に抜くからという説。

この二説は全く正反対な語源になりますね。
皆さんはどちらの説が有力と思われますか?

食材としても、日常の言葉としても我々に馴染みの深い「ごぼう」

素敵な植物だと思いませんか。。。

ゴボウのピザ

こんにちは(^^)
井上です。

連休楽しんでますか?
広島の県北に行くと、稲刈りが始まってました。

20130916-111746.jpg

あじかんアグリファームも、ゴボウの収穫に忙しくなってくる季節がやって来ます。
青森でも、新ごぼうの入荷が始まったそうですよ。

今日は敬老の日ですね。
連休最終日は、家でピザ作り。

20130916-112012.jpg
もちろんゴボウのピザ。
洋食にも合うんですよね。
ゴボウのピザ食べて午後から出かけます。