お客様のお声を真似しています♪

こんにちは(*^_^*)

最近、晴れた日のお昼は暑いですね~。

ちょっと歩いてお出かけするだけで、

じんわ~りと汗が出てきます。

 

これから も~っと暑くなりますが、

オフィスで働く女子には、深刻な悩みがあります。

 

それは夏場の『冷え性』です。

 

女性のお客様より

「ごぼう茶を飲み始めて、なんだかポカポカするの~♪」

との、お声をいただいた事があります。

※実は、このお声は去年の夏にいただきました。

 

お客様に詳しく聞いてみると・・・

 

冷房が効いた会社にいると、

手先・足先から冷えてきて、夏なのに寒い!

でも、ホットごぼう茶を会社で飲むようになって

だんだん手足の冷えが和らいできたんです!

との事。

 

確かに、夏のオフィスは寒い!

同じオフィスで働く女子として実践あるのみ!

 

実は半信半疑でしたが(ゴメンナサイ)

本当に体がポカポカして

膝かけがなくても過ごせるようになりました!

 

それからは私は、お客様の真似をして、

寒い冬の日も、暑い夏の日にも

水筒に「ホットごぼう茶」を入れて持参しています♪

 

ちなみに中身は、焙煎ごぼう茶 黒生姜ブレンド♪

DCIM0043

日本栄養食糧学会

こんにちは(^^)
今週末は、名古屋大学で、日本栄養食糧学会が開催されます。
私達、あじかんは、ごぼうの新しい機能性成分を発見しました。
岡山理科大学と共同発表します。
昨日は、発表者の村上さんと発表資料の作成に遅くまでかかって仕上げました。
完成まであと少し。
頑張ります!

SALUDケンコウバル

こんにちは(^^)
今日は、順天堂大学に出張でした。
さすがに東京は人が多いですね。
お昼のランチタイムはどこも人で溢れていました。

私は、渋谷駅の南口から歩いてすぐの、SALUDケンコウバルへ。
お目当ては、ごぼう茶。東京でもお店でごぼう茶が飲める数少ないお店です。

20130521-160255.jpg
お店は、明るい雰囲気で、ランチタイムはパスタセットなどが1000円。サラダランチは700円で、すべてにスープ、サラダと食後のドリンクが付きますよ。

20130521-160705.jpg

サラダランチにして、ドリンクはコーヒーとごぼう茶が選べますが、私はもちろんアイスごぼう茶を頼みました。

20130521-160815.jpg
サラダに、玄米とパスタのクスクスが入っていて、食べてると結構お腹いっぱいになりました。
玄米とサラダが合うんですね。

20130521-161140.jpg
食後に、冷たいごぼう茶で、さっぱり。甘い香ばしさというか、独特の良い香りがしっかりとしていました。
自家製のごぼう茶なのだそうです。
東京に行かれたら、ここはオススメですよ。
ごぼう茶の、本当の美味しさが味わえます!
http://www.nagumo.biz/salud/

野菜スイーツ

こんにちは(^^)
研究部の井上です。

先ほど南雲先生の講演会を聴いて、野菜スイーツについて、いろいろ考えています。

20130512-173711.jpg
先週、広島市西区のハーストーリィハウスで、お野菜スイーツdayがあると聞いて行ってきました。
ほうれん草とキャロットケーキ。
どちらも美味しかったです(^^)
なぜ、注目してるかというと、やはりニーズがあるからですが。
今、私達あじかんは、ごぼうに力をいれて開発しており、焙煎ごぼうパウダーを開発しました。
麹発酵ごぼうも開発中です。

お店のスイーツは、美味しいし最近は安いから食べ過ぎてしまいます。
液糖たっぷりのジュースや缶コーヒーも、南雲先生が言われていた糖毒性が心配です。

だけど我慢するのではなく、美味しくて糖毒性が抑えられることが、ごぼうで可能ではないかと本気で考えています。
トクホは無理でも、甘い物好きの皆さんに喜んでもらえるものを作りたいですね。
ハーストーリィハウスでは、ごぼう茶と焙煎ごぼうパウダーが入ったクッキーを置いてもらっています。

20130512-174858.jpg

南雲先生の講演会

こんにちは(^^)
今日は、母の日ですね。
街の花屋さんには、キレイな花が並んでいました。
そして、南雲先生が久しぶりに広島にやってきてくれましたよ。
しかも、福山と広島の二カ所です。

広島の講演会では、若々しく生活するためのコツを、科学的でしかもわかりやすく教えていただきました。
後半は、人生の目的や親子の愛にまで話がおよび、感動でした。
なぜ南雲先生が、ダイエットや健康的な生活にこだわるのかが良くわかりました。
また新しい本が出版されるそうです。
健康と美容は、奥が深いですね。でも、もちろん私達や子供達の幸せのためでもあるんだと気付かされました。
今夜から、自分の生活習慣も見直そうと思います。

柳川理想

こんにちは。
ごぼう産地の続きです。

みなさんは、スーパーで売られているごぼうがどんな品種かご存知ですか?
実は、ごぼうにもいろんな品種があって、味も形もそれぞれ違います。

中でも、最もメジャーな品種が、柳川理想ごぼうです。
これは、柳川採取研究会が種子を販売している品種です。

全国はもちろん、中国で栽培されるごぼうもこの柳川理想ごぼうが多いんだそうです。

この柳川理想ごぼうを作っている柳川採取研究会を訪問しました。
岩手県の小岩井農場の近くに、ごぼうの育種をする研究所と農場があります。
中国から伝わったごぼうは、日本では根を食べる野菜として定着し、美味しさや食べやすさ、肥大性などで開発されてきました。
でも、栄養や機能性としては、ほとんど重視されてこなかったのが現状とのことでした。

20130504-060907.jpg

青森のごぼう畑

こんにちは。
先週、半年ぶりに、ごぼうの産地を訪問しました。
青森と岩手です。
山崎農園がある茨城も、昔からごぼうの産地として有名ですが、最近は青森産のごぼうが増えています。

国産ごぼう茶の原料も、青森産が多いのですよ。

20130504-053751.jpg
カラボリ中の畑

青森は、まだ寒かったです。
桜も咲いてませんでした。今頃満開くらいだと思います。
雪が溶ける3月に、雪下ごぼうを収穫し、これから作付けのための畑の準備で忙しいときでした。

畑の周りには、ふきのとうがいっぱい出てました。

20130504-054109.jpg

それにしても、驚いたのは青森のみなさんがが、美味しいごぼうを作るために、必死で勉強したり自分でテストしたりしていること。
日本でも、青森産のごぼうが増えている理由がなぜなのかがわかる気がしました。

八幡巻

こんにちは
研究部の井上です。
ゴールデンウイーク後半に入りましたね。

連休に入る前、会社の料理勉強会で、八幡巻を習いました。
カニカマの八幡巻

20130504-052114.jpg

20130504-052125.jpg

ごぼうにカニカマを巻きつけるだけのシンプルな料理ですが、お吸い物にするとすごく上品な味でした。

京都の八幡というところで採れる堀川ごぼうを使ったことから、八幡巻と呼ばれるようになったそうですよ。

堀川ごぼうは、皮の部分を食べるのです。ごぼうの皮は、中よりもポリフェノールが二倍以上も含まれています。

皮を食べるのも、昔の人が培ってきた知恵なのですかね(^ ^)

20130504-052548.jpg

ごぼうを糠で茹でて中心部をくり抜いたもの。
茹でると簡単に中が抜けます。
中は筋があるから、吸い物には皮の部分が適しています。
きんぴらは、シャキシャキした食感が大切だから、中身はきんぴらにと、使い分けると面白いかもしれませんね。