産学官連携

こんにちは(^ ^)
研究部の井上です。

今日は、広島大学に行ってきました。
途中、最高の天気で、気持ちよかったです。

20130413-003150.jpg
加藤先生の研究室を訪問してこれからの研究内容について話し合いました。
最近は飽食の時代と言われていますが、水溶性ビタミンと食物繊維は不足している現代の栄養失調が増えているそうです。
それを補う栄養素が多い食品は?と質問すると、加藤先生は本来の日本食に多い雑穀や大豆、野菜ですよと言われていました。

一緒にいった村上さんと大崎さんはその後、広島大学の図書館で懸命にビタミンについて調べていました。
真面目ですね。
私はというと、今まで見たことのないごぼうの文献を発見し、ウハウハしながらコピーしてました(^ ^)

20130413-003025.jpg
広島大学の生物圏科学の前には、綺麗な花が咲いていましたよ。
エントランスにある大きな水槽の魚はお気に入りです。今度写真撮りますね。

きんぴらごぼう

昨日は、きんぴらごぼうの作り方を、喜多丘先生に教わりました。
ごぼうを皮がついたまま水晒しせずに油で炒める。
火加減一つで、味が劇的に変わります。
作りたてのきんぴらごぼうには、トロッとした調味液がシャキシャキしたごぼうに絡んで、濃厚なのにさっぱりとした味でした。

実は、あじかんはごぼう茶を作るずっと前から、きんぴらごぼうを業務用で製造しています。
もっと美味しいきんぴらごぼうを作るための研究も続けています(^ ^)
20130406-081817.jpg
酒とみりんをいれた直後、火が上がりびっくり。
家庭ではこんな作り方難しいですね。
火加減を使い、水分を調節するのがコツのようです。

20130406-081010.jpg

 

新年度スタート

こんにちは(^ ^)
今日から新しい年度が始まりますね。
新しい計画を作成して、研究開発を進めています。
今年は大型商品の発売を目指します!

20130401-033812.jpg

先日、研究部の村上さんがごぼうの皮と中心部の体積を分析していました。
その時の写真です。

この切った直後の香りが何とも言えない良い匂いなんですよね。
また、山崎農園に行きたいな〜

ごぼうらしい香りとは何なのでしょうね。
ごぼう茶は嗜好品。もっと勉強しなくてはいけません。