ごぼうの畑作り

こんにちは
山崎農園にひさしぶりにやってきました。
とうとう、昨年春に自分たちで種まきし、草とりや追肥などをしながら育ててきた試験農場のごぼうを掘り取りました。

土壌消毒がいかに重要かということを勉強しました。
きちんと消毒されていないか、種がからぼりで耕したうねを外れると、枝分かれしてしまうのです。

結構、多くのごぼうが枝分かれしていました。
反省しています。

なかには、こんなごぼうもありましたよ。

日本農芸化学会2

こんにちは
今、つくばに来ています。
日本農芸化学会の写真を紹介しますね。

京都には、3日間いました。
散策はできませんでしたが、京都の町並みはいい雰囲気でしたよ。

ホテルの近くは、八坂神社がありました。
夜は、ライトアップされてるんですね。
きれいでした。

京都女子大学は、坂の上にあります。
学会の途中には、女学生によるダンスのイベントもあり、とてもきれいでした。

日本農芸化学会2012年度大会

こんにちは
今、京都にきています。
ごぼうの機能性について発表するため、日本農芸化学会2012年度に参加しています。
今年は、京都女子大学でありました。
あじかんと広島大学、藤女子大、飯田女子短大の共同研究で、発表は3月24日の16時40分からでした。
水産大学校の原田先生や東京聖栄大学の渡邉先生ともお会いすることができました。
農芸化学は研究範囲が広いので、違う分野の発表を聞いて、また次にやるべきことが見えてきた感じがします。
写真は後日アップします。
明日からは、水戸の機械メーカーさんのところで、ごぼうの加工機械のテストに行ってきます(^ ^)
京都では、散策できず、また今度来たいです。

TOKYOヘルスコレクション1日目

こんにちは!
今、東京に来ています。
今日は、東京ビッグサイトでTOKYOヘルスコレクションが始まりました。
TOKYOヘルスコレクション
http://www.tokyo-hc.com/
事前登録しておくと、入場料の3000円が無料になりますよhappy01

私たちは、3月20日に発売されるごぼうのひみつシリーズを出展させていただいています。

ブースは、「日本を健康にする研究会!」の機能性おやつブースです。
お客様にいっぱい来ていただきました。

紙コップ500個が1日でなくなり、急いで買い足しに行きましたcoldsweats02
研究部の中本部長が自らごぼう茶の試飲をすすめてくれていました。
一日があっという間でした。
明日は、ごぼうガールズの田村さんにバトンタッチです。
まだの方は、是非東京ビッグサイトまで来てくださいね。
最終日の16日の15:20からは、機能性おやつシンポジウム「機能性おやつの必要性について」がありますよ。
おやつは、健康面からとても重要な意味を持つのだそうです。
おやつと言えば、美味しく、楽しい。健康にも良ければ、最高ですよね。
これは、日本特有の食文化の一つだそうです。
機能性おやつブースには、最新の研究によって生まれた機能性おやつが勢ぞろいですよ。
もちろんすべて試食できます。
一緒のブースで展示されているカネカさんには、CoQ10入りのサラダをいただきましたdelicious

浜田といえば藻塩?

こんにちはhappy01
浜田に行かれたことはありますか?
私は、昨年の夏に家族で旅行に行きました。
海はきれいだし、魚介類は美味しいし、大好きになりましたよ。
この度は新しい機能性素材の調査で、浜田に行ってきました。
いつもは、車で広島から浜田道で約1時間で行けちゃいます。
でも、雪が残っていると危険ということで、高速バスを使いました。
浜田駅には、浜田市観光協会の特産品販売所があり、目当ての機能性素材はないか調査しました。
浜田には、のどぐろ、笹ガレイ、藻塩などが有名なのですね。
気になったのが、のどぐろラーメン↓↓。

女の子が美味しそうにラーメンを食べているイラストに釣られ、家族のお土産に買ってしまいました。
この塩ラーメンには、浜守の藻塩が使われているようです。

先日ブログでも紹介した塩麹も一緒にゲットです。

ちょうど、今子供たちとのどぐろラーメンを食べたところですが、どちらもダシがきいていて美味しかったです。
この藻塩。
ときどき見かけますけど、どのように作られているか知っていますか?
実は、その歴史は古く、万葉集にも歌われているそうですよ。
こぬ人をまつほの浦の夕なぎに
  焼くやもしほの身もこがれつつ(百人一首)

待っても来ないあなたを 今来るかくるかと待っている私は
松帆の浦の夕凪時に海士が焼いている藻塩のやうに
あなたを慕って身も恋焦がれています
日本は、岩塩などの資源に乏しく、海水から塩を取り出す独自の製塩方法が生まれました。
藻塩は、ホンダワラなどの海藻を海水で煮詰めて、塩を結晶化して取り出したものだそうです。
浜田にある「浜田の海で生活する会」の藻塩も、この方法で作っているそうです。
http://hamamori.net/lineup.html
藻塩の原料に、かじめと書いてありました。このかじめといいう海藻は、ホンダワラ属に属し、ヨードチンキの原料など医薬品の原料にもなる海藻です。
地方によっては、アラメやクロメのことをカジメと呼ぶそうです。

かじめ
分類学的には、種が異なるので、注意です。
ミネラル豊富でアルギン酸やフコイダン、フコキサンチンが豊富です。
浜田のおさかなセンターの方にも聞きましたが、かじめはねばりが強く、2月?4月のうちに買っておいて冷凍し、味噌汁の具に入れて食べると、トロトロになって美味しいそうです。

海藻を取るために船に乗せてもらって、少し沖にでたのですが、あっという間に船酔い。
あまりにも揺れる船の上で、立っていることもできず、全く役に立たずでした。大反省しています。
取れたばかりの海藻を味噌汁に入れると、パッと色が変わり、ねばりが出る。
この少し苦味が癖になります。
昼食は、浜田市内の美味しいと評判のうどん屋さん。
おすすめは、アカモクうどん。

上に乗っているのが、とろみが美味しいアカモクという海藻です。
海藻は、海の野菜とも言われています。
ごぼうと同じ抗酸化物質を豊富に含む素材として注目ですね。