ごぼうへの想い

こんにちは!
 
今日、山崎農園の山崎さんと電話で話しました。
この大変な時でも、元気に農業を続けられています。
 
みなさんが食べている野菜は、すべて農家さんが心をこめて作ったものです。
私は、様々なごぼう農家さんと出会うまで、これほど野菜の栽培に心をこめて作っていることを知りませんでした。
 
あじかん社内で立ち上げたプロジェクトで、全国のごぼう産地に出向き、調査したことがありました。
私が行ったのは、広島県世良町の寺岡有機農場、山口県の美東ごぼう、島根県桜江町の半田ごぼう、熊本県菊池ごぼう、JA宮崎など。そして、茨城県の山崎農園です。
 
どこの産地も、本当にこだわってごぼうを作っていたのが印象的でした。
その一番の自慢は、やっぱり美味しさ。
野菜って、作るのがとても難しいんですね。
いかに美味しい野菜を、消費者の皆さんに食べてもらえるかを、一年中考えているんですね。
ごぼうは掘り上げるまで、その出来がわからないのでとても難しいんですよ。と山崎さんが言われていました。
 
機能性成分だけを摂取しても、栄養バランスはとれません。
野菜そのものを食べることが、健康維持のための一番大事なのだと思います。
農家さんに感謝しつつ、旬の野菜を、美味しくいただきましょうhappy02

ごぼうふりふり ?ごぼうの民間伝承?

こんにちはhappy02
 
ごぼうふりふり
 
何の言葉でしょうか?
「大和の食文化」では、奈良県で良いことを表現する言葉であると記載されています。
実際、奈良県の親戚に聞いたところ、聞いたとこがないということでしたが・・・smile
 

 
「大和の食文化」著者:冨岡典子先生(近畿大学)
 
どちらにしても、奈良県の古い文化を大切にしている地域では、正月などの大切な祭事にごぼうがよくつかわれています。
五穀豊穣、子孫繁栄、ほそくながく堅実な家庭生活を祈る、縁起の良いお供え物なのですね。
 
冨岡先生が調べられた日本の民間伝承におけるごぼうの利用法を紹介します。
 

 
こうした利用法は、地域ごとに伝わった利用法です。
実際に効果があるかどうかは、科学的には証明されていません。
ただし、それは科学的な研究がされていないということなので、なにかしら関係はあるかもしれません。
研究が進められるといいですねhappy02
 
お問い合わせ先は、フリーダイヤル0800-100-8050までお願いします。
 

 

 

ごぼうの由来と歴史

日本人はごぼうが大好きです。
きんぴらごぼうは、とても美味しいし、日本にしかありません。
ごぼうの研究は、すでに中国や韓国も始まっています。
私たちは、あまりに身近な野菜として見落としていたのかもしれません。
ごぼうの研究は、あじかんがトップランナーとして進めていきます。
今こそ、ごぼうの素晴らしさを見直しましょう!!
 
ということで、まずはごぼうの基礎知識をまとめてみました。
 
 由来:ユーラシア大陸原産
 学名:Arctium lappa L.
 英名:Burdock
 栽培:日本、中国、台湾
 効能:整腸、抗炎症、利尿、血糖改善効果(ハーブ大辞典、薬用植物辞典)
 歴史:平安時代後期に野菜化

「備荒草木図びこうそうもくず」
「野山に自生するものは、葉をゆでて食べると良い」と書かれています。
このようにごぼうは、根だけではなく、葉も薬草として利用されてきました。
 
平安時代後期には、重要野菜として記録が残されています。
しゃきしゃきとした食感と香りが日本人に好まれ、健康にもよい野菜として定着してきました。
 
江戸時代の農書「田法記」には、「牛蒡こそ田畑一の作りもの銀に積もりて並ぶものなし」とも記され、価値の高い野菜だったことが伺えます。
 
近畿大学の冨岡先生は、縄文時代の貝塚から、ごぼうの種が発見されたといわれていました。
その歴史はとても深いのですね。
 

ごぼうの種(牛蒡子)
ごぼうの種は、中国で漢方薬として利用される。日本では医薬品扱い。
有効成分:アルクチン、アルクチゲニン
     抗炎症作用などの効能があり、民間療法として、乳腺炎や喉炎症などに利用される。
 
近代になって、ごぼうは食べ方も次々に進化しています。
ごぼうをマヨネーズで和えたごぼうサラダも美味しいですよね。
きんぴらバーガーやごぼうバーグなど、最近ではスイーツやお菓子にもなっています。
この古くて新しい「ごぼう」を、みんなでもっとたべましょう!
 

 

 

機能性食品事業化戦略研究会で紹介

こんにちはhappy02
 
昨日と一昨日、中国地方の「機能性食品事業化戦略研究会」でごぼう茶の紹介をしてきました。
会場は、24日が米子、25日が広島でした。
あまり人前で話す機会がないので緊張しましたが、ごぼう茶の取り組みを多くの人に知ってもらうため、下手ななりに一生懸命話してきました。
 
この、研究会は昨年から始まったものです。
主催の「ちゅうごく産業創造センター」が中国地方の産業活性化のために、中小企業を対象として、機能性食品の事業化に詳しい全国の優れた先生に講演してもらい、勉強するといったものです。
私の場合は、地域企業の事例紹介ですsmile
 
研究会第1回では、機能性食品の事業立ち上げのポイントが中心でした。
今回は第2回ということで、通販事業やマーケティングの具体的な内容についての講演でした。
 
私たちあじかんは、第1回研究会で、ちょうどごぼう茶を商品化するためのプロジェクトを立ち上げたところで、まさにぴったり。
この研究会で習った内容を、しっかりと勉強し実行することで、ごぼう茶の発売が実現できました。
 
今回の講演の先生は、ラベルバンクの川合裕之先生、経営コンサルティングをされている佐藤美雪先生、株式会社YSBダイレクトの出嶋良信先生。
 
機能性食品には、本当に多くの商品がある中で、消費者のみなさんに安心で分かりやすく情報を伝えていくことが大事なのですね。
そのために、商品のコンセプトをしっかり固めていかなくてはならないことを勉強しました。
講師の佐藤先生の講演で、アンティークスタンプのgobe(ゴービー)もしっかりとしたコンセプトで、こんなに良いものが出来たことを知りました。
今では、あのアフタヌーンティー伊勢丹で手に入るそうです。
さっそく、私の奥さんに伝えたところ興味シンシンでしたsweat02
 
ごぼう茶を発売して3カ月がたちました。
もっと、多くの皆様にこの商品の良さをしてもらうため、そしてさらに良いものを開発していけるよう頑張ります。happy02
 
お問い合わせはどんなことでも結構です。
お客様の声を聞かせていただけると嬉しいです。
フリーダイヤル0800-100-8050までお願いします。
 

 

 

BLOG IT! from ゴボウ茶が「若い腸」をつくる:日経ウーマンオンライン

こんにちは!happy02
 
日経ウーマンオンラインに、ごぼう茶のことが紹介されていますflair
記事はこちら>>> http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20110308/110339/
 
「腸のアンチエイジング」実践していきましょう!!
 
栄養を吸収する小腸と大腸は、腸内細菌が大切な働きをしています。
善玉菌といわれるビフィズス菌は、食物繊維やオリゴ糖を分解して、酪酸や酢酸、乳酸などの短鎖脂肪酸を作ります。これらの短鎖脂肪酸が大腸を守っているそうです。
逆に、悪玉菌は、胆汁酸を酸化して二次胆汁酸を増加させ、毒性物質が増えてしまうそうです。
女性のがん死亡率は、大腸がんが2005年以降トップになっています。
厚生労働省人口動態統計
QLifeSQUARE http://www.qlife.jp/square/cancer/daichogan/story2019.html
 
ゴボウ茶が「若い腸」をつくる:日経ウーマンオンライン【ゴボウのチカラ=食物繊維&抗酸化成分 お茶で手軽にとろう】
 
食物繊維の多い野菜の代表格、ゴボウを薄く切って乾燥し、
 
焙煎した後にお湯でいれて飲む「ゴボウ茶」が人気。
 
腸内で善玉菌を増やして腸を元気にしたり、免疫力を高める水溶性食物繊維や、
 
アンチエイジング作用が期待できるポリフェノールもたっぷり溶け出しています。
 
ゴボウの抗酸化力は野菜の中でトップクラス。ゴボウのチカラを毎日の食生活に取り入れましょう。
 

お礼の電話いただきました

こんにちは!
 
今日、あじかんの研究開発センターに、神奈川県藤沢市のお客様から、電話をいただきました。
とてもうれしい内容だったので、ご紹介します。
 
そのお客様は、南雲先生の著書「ごぼう茶を飲むと20歳若返る」を購入し、ごぼう茶プレゼントキャンペーンに応募していただいた方です。
応募していただいたお客様には、アンケートのお願いをしていただいているのですが、そのお礼に「お箸」をプレゼントで送ったところ、わざわざ電話までかけてきてくれました。
 
山崎農園産と国産の両方を飲んでいただいたそうで、美味しいといってくれました。
余震や停電が続いて大変なときに、とてもうれしかったです。
これからも、さらに美味しい商品を開発します。
 
現在、大阪のなんば高島屋7階で、大学は美味しい高島屋フェア in 大阪を開催しています。
ごぼう茶も試飲できます。
3月21日(月)まで開催していますので、3連休は是非遊びに来てくださいね。
広島大学コーナー
 
広島大学のコーナーです。
あじかんのごぼう茶の他に、イシカワのカルシウム黒豆、ねこしまの漬物、中国醸造のGABA梅酒、ピーターパンの米粉ケーキ、にしき堂の瀬戸小町、らくれんの8020ヨーグルトも試食試飲できますdelicious
 
イベント案内はこちら
 

 

 

小学館『大学は美味しい!!』2011フェア in 大阪

こんにちは!
株式会社あじかんは、広島大学と共同で、『大学は美味しい!!』2011フェア in 大阪 に出展します。
 
開催日時:2011年3月16日(水)?21日(月・祝)
       午前10時?午後8時半(最終日は午後5時まで)
開催場所:大阪高島屋7階催会場(南海難波駅)
 
関西の方は、是非来てくださいね。なんば駅からすぐ近くです。
ごぼう茶の試飲だけでもOKです。
宜しくお願いします。
 

 

BLOG IT! from 「お通じ力」… 野菜の実力ランキング:日経ウーマンオンライン【日経ヘルス4月号】

こんにちは!
 
日経ヘルス4月号に、目的別野菜の実力ランキングが掲載されています。
 
お通じ力、とても大事です。
 
 <野菜の実力ランキング?お通じ力?>
 1位「ごぼう」
 2位「菜の花(洋種)」
 3位「アボガド」
 
日本人の食事摂取基準では成人女性の目標量は1日17g。
せっかくなら、天然の食材から食物繊維を摂りたいものです。
 
だって、何も味のない合成の繊維にはない、ビタミンやミネラル、ポリフェノールも一緒に摂れますし・・・。
いろんな野菜を組み合わせて食べたいですね。
 
「お通じ力」… 野菜の実力ランキング:日経ウーマンオンライン【日経ヘルス4月号】
 

 

BLOG IT! from 東京ヘルスコレクション 2011

こんにちは!
 
健康と美容に興味のある方は、必見!
国内初のプロシューマー向け健康食品展示会が開催されます。
 
美容師、栄養士、薬剤師など、資格をお持ちの方は、事前登録で3000円の入場料が無料になるそうです。
 
私たち、あじかんは、東京海洋大学の矢澤先生たちと機能性おやつシンポジウムとして出展します。
ぜひ、来てくださいね。
 
「日本を元気にする研究会」では、エビデンスに基づき開発された「機能性おやつ」に力を入れています。
予防医学の観点からも、おやつからの栄養摂取も重要です。
 
ドカ食いによる血糖値急上昇は、とても危険です。
機能性おやつで、ヘルシーに楽しく、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
 
東京ヘルスコレクション 2011